最後まで大切に扱って欲しいという方に最適

仏前

先祖や仏様をまつる仏壇も、買い替えや家の整理を行うとどうしても処分が必要になります。仏壇の多くは木材から作られていますから、地域のルールに従って粗大ごみとして廃棄することは可能です。とはいえ、ご先祖様の魂を祀っていた仏壇であるだけに、そう簡単には粗大ごみ扱いできないのではないでしょうか。もっと心を込めて解体してほしい、と考える人に向けて提供されているのが、仏壇処分のサービスです。利用者から依頼を受けて仏壇を引き取り、適切に処理した上で廃棄を行ってくれます。仏壇に関する正しい知識を持つ人たちが作業を行ってくれるため、これまでの感情や思い入れがないがしろにされないという特徴があります。仏壇を扱っているお店や業者がこうしたサービスを提供しているので、関心のある方は問い合わせてみると良いでしょう。

全国から利用可能

手を合わせる

不要になった仏壇を引き取ってくれる仏壇処分サービスは、どの仏壇店でも提供されているというわけではありません。そこでまずは仏壇処分に対応しているお店を見つけ、サービスの内容や料金などについて比較した上で最適なところにお願いするという流れになります。サービスの利用を申し込むと、配送業者の方が引き取りに伺います。梱包の作業は配送業者の方が行なってくれますので、一緒に処分したいものをまとめてお待ちください。引き取りに伺える場所であれば、日本全国どの地域でも対応してくれます。引き取られた仏壇は、仏壇店にて供養が行われた後、職人の方の手によって分解されます。仏壇に使われていた木材はチップなどとして再利用の道を歩み、年に一回まとめて供養を行ってくれるところもあるようです。

仏具の処分もまとめてできる

花

仏壇で使われていた仏具についても、仏壇処分のサービスに任せることができます。仏壇や経本、数珠といったものも普通に処分するのは気が引けるでしょうから、仏壇と一緒にまとめてお願いすることをおすすめします。一方で木魚や神棚などの大きめの仏具に関しては、別料金となることが多いようです。どのようなものを処分してくれるのかについては、事前に問い合わせて確認しておくようにしてください。引き取ってもらうサービスであるため、きちんと処分されたのか見えづらく不安になる方も多いかもしれません。供養したことを証明する、供養証明書を発行してくれるお店を選ぶようにすると安心です。最後に、仏壇処分の利用料金は、仏壇の大きさによって決まります。大きなものになるほど、料金も高くなる仕組みです。加えて、運搬に必要な距離も影響します。事前に見積もりをお願いし、料金を明確に提示しておくところを選んでおくとトラブルを防ぐことができます。

広告募集中